本当にうれしい学校行事写真!!3つの条件!

2016年10月23日 | By admin |

雰囲気がわかれば十分!

学校行事では、保護者の皆さんがより良い写真を撮影するために、撮影スポットの場所取りをします。学校によっては、禁止されているところもありますが、我が子の晴れ姿をよい写真で残したいというのが親心ですよね。でも必ずしもベストショットでなくても、子どもたちの思い出にはちゃんと残ります。雰囲気が良く伝わるのが一番大事!この時は撮影場所が悪かったよね、など、エピソードが思い出せるようなショットが価値ある1枚になるのです。アップ写真は、出かける前や休憩、帰宅後でも十分です。

写真だけでなくコメントも添えて!

忙しいと写真を撮ったら取りっぱなし、アルバムに貼っておしまい、となりがちですが、あとから見るとちょっと味気ないですよね。写真を見てわかる情報というのはほんの1部です。だから、その写真を見てその時の気持ちが思い出せるコメントを書いておきましょう。前日まで雨だったのに晴れた!この後に喧嘩した!この時はこのこと一番仲良しだった!あとから見た時に「そうだった!」とうれしくなるようなエピソードを思い出せるように、きっかけになる一言を残しておきましょう。子どもたちに書いてもらうのもいいですね。

時系列に沿って並べる、イベントごとに並べる

基本的にアルバムとは時間の流れに沿って貼っていくものです。しかし、必ずしもそうでなくても構いません。同じイベント内であれば、前後してもその時の様子がよく伝わるように並べるのが良いでしょう。また、同じような写真が何枚もある場合には、切り取ったり、メインの1枚だけ貼り、あとは後ろに並べて貼っておくのも一案です。特に枚数が多い場合には、選別眼や柔軟さも大切になってきますよね。迷う場合にはあとから差し替えができる形式のアルバムを選ぶとよいでしょう。ぜひ子どもたちが大きくなってから、家族で一緒に見返してくださいね。

幼稚園、小学校、中学校、高校と入園・入学したら学校写真を撮影します。入園者や入学者全員で撮影したり、クラス毎に並んで撮影します。